Hightlight ユン・ドゥジュン


Hightlightのユン・ドゥジュンが、兵役法の改正により今後の海外公演への参加が厳しくなった。


所属事務所のAround USエンターテインメントは7日、公式ホームページにユン・ドジュンの海外公演不参加に関するコメントを掲載した。


【以下は、コメント全文】

こんにちは。Around US Ent.でございます。誠に残念なお知らせをすることになり、申し訳ございません。2018年5月29日をもちまして、兵役法の一部が改正されたことにより、Hightlightのメンバーユン・ドゥジュンの海外出入国が厳しくなりました。これによりユン・ドゥジュンは、6月9日に控えているハノイのK-FOODイベントと、6月24日のバンコクファンミーティングに参加できなくなりました。Highlightを大切にしてくださり、愛してくださる国内外のファンの皆さまには、どうかご了承くださいますようお願い申し上げます。チケットのご購入されたバンコクファンミーティングの場合、取り消しをお求めの方には、現地の主管会社との話を通じて適切な手続きを行い、被害を受けられないよう最善を尽くします。
ありがとうございます。-コメントはここまで-


韓国兵務庁は最近、兵役義務の履行において海外滞在(旅行)の許可制度が悪用されることを防ぐために、満25歳以上の兵役未了者に対する規定を強化することにした。
これまでは満25~27歳の兵役未了者の場合、1年中に制限なく海外への出入りが可能だった。しかし、今回の兵役法改正によって特に芸能界では、海外でも公演などを行うボーイズグループ、男性アーティストらの活動に支障が生じることになった。
韓国兵務庁は2018年8月から、満25~27歳の兵役未了者に対して短期で海外に滞在(旅行)できる期間を1回に6ヶ月以内と制限し、回数も最大5回までと定めた。さらに、海外旅行(滞在)のため入隊を延期できる期間も従来の3年から2年に変更、入隊が決まっている場合は入隊日の5日前まで海外滞在が可能、もし期間内に帰国しなかった場合には、海外での短期滞在(旅行)許可が下りなくなる。また、満28歳以上の兵役未了者の場合は、大学院への進学、兄弟同時に現役兵士として服務、資格試験への入試、地域と機関の広報大使活動などを理由に、入隊を延期できないようにした。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10