グローバルアイドル育成プロジェクトMnet「PRODUCE48」がいよいよ本日15日、ベールを脱ぐ。


I.O.IとWanna Oneのあとを継ぎ、世界をまたにかけて活動するガールズグループを誕生させる過程が、本日より12週間にわたって繰り広げられる。
日韓の両国から集まった96人の少女たちと国民プロデューサー(視聴者)の初対面となる「PRODUCE48」第1回目の放送を控え、見所をチェックしてみた。



#国籍は違うけれど、同じ夢をみる少女たち
「PRODUCE48」には日本で活動中のAKB48グループのメンバーを含め、日韓両国の練習生96人が参加する。練習生時代を経てデビューが決まる韓国と、デビューしてから成長していくという日本のアイドルとの違うところがあり、初めはプロジェクトの参加者の間で妙な緊張感も走るが、やがて文化の違いを理解し、皆が助け合いながら同じ夢に向かって競争していく。


#デビューできるのはたったの12人。放送とともに投票スタート
宮脇咲良、松井珠理奈などAKB48グループの総選挙でトップ5入りとなったメンバーをはじめ、日本で強いファンダムをもつAKB48グループのメンバーらが「PRODUCE48」では練習生として新たな挑戦に臨む。
一方、韓国から参加する練習生には、AFTERSCHOOL出身のカウン、fromis_9のチャン・ギュリなど、すでにデビューしている一部のメンバーを除いて、各自の事務所で実力を磨いてきた少女たちがデビューへの思いをかけて挑戦に臨む。
国民プロデューサーは、夜11時から「PRODUCE48」の公式ホームページとGmarketのモバイルアプリを通じて応援したい少女に投票することができる。


#国民プロデューサーのハートをつかむパフォーマンスクイーンとは?
初回ではすべての参加者の初対面シーンが描かれ、「PRODUCE101」シリーズでは欠かせない芸能事務所別による評価が行われる。
参加者のレベルが決まるステージだけに、トレーナーの目と耳を魅了するパフォーマンスが大事。男子アイドルのパワフルな振り付けに挑戦するチームがあれば、プロ顔負けのヴォーカルで皆を驚かせる少女も今夜明らかになる。
一方、まだ実力が足りない練習生やトレーナーたちに辛口の指摘を受ける少女たちもいて緊張が走るが、皆の視線を奪うパフォーマンスクイーンが登場する場面も見逃してはならない見所だ。


いよいよ始まる「PRODUCE48」、第1回は夜11時からBSスカパー!、Mnetで日韓同時放送!




THE FACT JAPAN


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10