写真提供:JYP ENTERTAINMENT










9月12日(水)にJAPAN 1st ALBUM「BDZ」のリリースを決定しているTWICEが、“ブラック・カリスマ”をテーマにしたメンバーのコンセプトビジュアルを公開した。
8月5日、ナヨン×ジョンヨン×モモのビジュアルでスタートを切り、6日はサナ×ジヒョ×ミナ、7日はダヒョン×チェヨン×ツウィのビジュアルを披露した。


タイトル曲「BDZ」は“ブルドーザー”の略で、目の前の大きな壁をもろともせずに、ブルドーザーのように壊しながら、前へ前へと進んでいこう!そんな、強くありたい、たくましく生きたい、という気持ちを込めたタイトル。JYPのパク・ジニョンがプロデュースを担当したことで、期待感を募らせる。


パク・ジニョン×TWICEの組み合わせによる前作の「SIGNAL」と「What is Love?」は、アジアをはじめ世界中で人気を博している楽曲だ。
「SIGNAL」はリリースと同時に音楽チャートを席巻。「2017 Mnet Asian Music Awards」で大賞にあたる“今年の歌賞”を受賞。複数の韓国音楽番組で12冠を達成している。
一方、今年4月に発表した「What is Love?」も、リアルタイム、デイリー、ウィークリーチャートを席巻し、ガオンチャート(GAON CHART)の第15週目ランキングでも4冠を獲得。音楽番組では12冠を達成し、ミュージックビデオはYouTube視聴回数1億回を超え、8連続1億回突破位という大記録も打ち立てた。


そんなTWICEとパク・ジニョンのシナジー効果が期待される「BDZ」には、日本デビュー曲を含むシングル3曲「One More Time」「Candy Pop」「Wake Me Up」と、カップリングでありながら楽曲とMVともに好評だった「BRAND NEW GIRL」、映画「センセイ君主」の自身初主題歌として、The Jackson 5のカバーをした「I WANT YOU BACK」と、タイトル曲「BDZ」を含む新曲5曲を収録。昨年6月に発表した日本デビューベストアルバム「#TWICE」の以降、約1年3ヶ月間にわたる日本活動を集大成した作品となっている。


一方、TWICEは「BDZ」の発売を記念する「TWICE ARENA TOUR 2018(仮)」を9月29日・30日に千葉・幕張イベントホールでのライブでスタート。10月2日・3日は愛知・日本ガイシホール、10月12日・13日・14日は兵庫・神戸ワールド記念ホール、10月16日・17日は東京・武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナなど、日本4都市にて9公演を行う予定だ。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10