写真提供:E&Pカンパニー


写真提供:E&Pカンパニー


「2018 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS」(以下、2018 SOBA)が30日、ソウルで行われた。

ブルーカーペットから始まった授賞式は、タレントのハン・ソクジュンと歌手で女優のソン・ダムビがMCを務め、オープニングはWanna Oneが「BOOMERANG」で場内を一気に盛り上げた。


世代とジャンルを問わないアーティスト全30組が登場し、最高栄誉の大賞は、韓国と海外で常に話題を呼んでいるBTS(防弾少年団)が受賞。ヒット曲「FAKE LOVE」のアンコールを披露した。


1年間もっとも愛されたアーティストに与えられるSOBA本賞は、Wanna One、MAMAMOO、NCT 127、赤頬思春期(Bolbbalgan4)、TWICE、NU'EST W、MOMOLAND、MONSTA X、AOA、Red Velvet、BTSまで全11組が受賞した。


新韓流プロデューサー賞は、フィソンの「With Me」、ソユ×ジョンギゴの「Some」、MAMAMOOの「Egotistic」などを作った作曲家兼プロデューサーのキム・ドフンが、新韓流ミュージックビデオ監督賞は、少女時代、EXO、BTS、ホン・ジニョンのミュージックビデオを制作して話題を集めたホン・ウォンギが受賞した。


新韓流ルーキー賞のアイドル部門には華麗なパフォーマンスのTHE BOYZとStray Kids、期待株のNATUREが、バンド部門は次世代ビジュアルバンドと呼ばれるIZが選ばれた。


ジャンルを超えるさまざまな挑戦をみせるKangNamとソル・ハユンは、新韓流トロットルーキー賞を受賞。
新韓流パフォーマンス賞には16歳のK-POP新世代Samuelと、DIAが受賞した。

新韓流トロットスター賞はテ・ジナとホン・ジニョンが受賞し、新韓流ボイス賞にはフィソンとGB9が選ばれ、新韓流ソーシャルボイス賞にはソ・ジェイが名を上げた。


ヒップホップシーンで活躍した新韓流ヒップホップアーティスト賞にはWINNERのソン・ミノが、新韓流クイーン・オブ・トレンド賞はソ・イニョンが受賞した。


実力派アイドルのNU'EST Wは本賞に続き新韓流アイコン賞を受賞。ヒョンソプ×ウィウンとYDPPは新韓流ライジング・ホット・スター賞を受賞した。


音源市場で好成績を収めたCRUSHは新韓流R&Bアーティスト賞を、優れたボーカルとパフォーマンスを披露するチョンハとUNBは新韓流ミュージックスター賞を受け取った。


中国の人気ガールズグループで韓国活動を予定している7SENSESは新韓流海外エンターテイナー賞を、華麗なビジュアルとパフォーマンスなどすべてを揃えたRed VelvetとMONSTA Xは新韓流アーティスト賞に名を上げた。


ネットユーザー投票で決まる新韓流ネットユーザー人気賞は韓流を牽引しているEXOが受賞し、
新韓流OST賞にはドラマ「キム秘書がなぜそうか?」の劇中歌で人気を博したチョン・セウンが選ばれた。


音源チャートはもちろん多方面で話題を呼んでいるMAMAMOOとWanna Oneはそれぞれ新韓流女子人気賞と男子人気賞を受賞。


新曲を発表する度にチャートを席巻しているTWICEは本賞に続き、音源部門の大賞を受賞しながら2冠を獲得した。


そしてBTSは、本賞に続き新韓流ワールド・ソーシャルアーティスト賞と、大賞を獲得して3冠を達成。世界中で活躍するアーティストとしての地位を証明してみせた。


一方、今回の「2018 SOBA」にはテレビとスクリーンを行き来しながら活躍するスターたちが授賞者として出席。オ・ヨンソをはじめ、イ・ジフン、イ・シヨン、シン・ヒョンス、チョン・ガウン、ソン・ヨウン、コ・ソンヒ、ソ・ジソク、ハン・ヨン、オン・ジュワン、ハム・ウンジョン、チョン・ダビン、アナウンサーのチェ・ヒ、タレントのサム・オキア、少年農民ハン・テウンらが登場した。


今年の下半期の初となる音楽授賞式「2018 SOBA」は、Make It Waveをスローガンにして、K-POPシーンで目覚しい活躍ぶりをみせるアーティストたちとともに、観客と一つになる音楽祭りだった。
韓国ではSBS funE、SBS MTV、Celuvtvチャンネルにて、日本ではAbema TVにて独占生中継した。
※Abema TV見逃し配信はこちら https://bit.ly/2LIam3x


『2018 SOBA』受賞者リスト
▲SORIBADA大賞:BTS(防弾少年団)
▲音源大賞:TWICE
▲本賞:Wanna One、MAMAMOO、NCT 127、赤頬思春期(Bolbbalgan4)、TWICE、NU'EST W、MOMOLAND、MONSTA X、AOA、Red Velvet、BTS(防弾少年団)
▲新韓流プロデューサー賞:キム・ドフン
▲新韓流ミュージックビデオ監督賞:ホン・ウォンギ
▲新韓流ルーキー賞:THE BOYZ、Stray Kids、NATURE、IZ
▲新韓流トロット賞:KangNam、ソル・ハユン
▲新韓流パフォーマンス賞:Samuel、DIA
▲新韓流トロットスター賞:テ・ジナ、ホン・ジニョン
▲新韓流ボイス賞:フィソン、GB9
▲新韓流ソーシャルボイス賞:ソ・ジェイ
▲新韓流ヒップホップアーティスト賞:ソン・ミノ(WINNER)
▲新韓流クイーン・オブ・トレンド賞:ソ・イニョン
▲新韓流アイコン賞:NU'EST W
▲新韓流ライジング・ホット・スター賞:ヒョンソプ×ウィウン、YDPP
▲新韓流R&B賞:CRUSH
▲新韓流ネットユーザー人気賞:EXO
▲新韓流ミュージックスター賞:チョンハ、UNB
▲新韓流海外エンターテイナー賞:7SENSES
▲新韓流アーティスト賞:Red Velvet、MONSTA X
▲新韓流OST賞:チョン・セウン
▲新韓流女子人気賞:MAMAMOO
▲新韓流男子人気賞:Wanna One
▲新韓流ワールド・ソーシャルアーティスト賞:BTS(防弾少年団)



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10