写真提供:KEYEAST


若手実力派俳優チュ・ジフンが、韓国の地上波MBCチャンネルにて2019年のスタートを切るドラマ「アイテム」(脚本:チョン・イド、演出:キム・ソウク)に出演する。


運命的に出会った男女が特別な超能力をもつ物に隠された陰謀と秘密を探っていくファンタジーブロックバスター。韓国のコンテンツプラットフォーム・kakaopageにて連載中である同名の人気ウェブ漫画を原作とした作品だ。


昨年「君を守りたい〜SAVE ME〜」を通じてエセ宗教団体を題材に現実的ながら緊張感あふれる展開を描き、好評を寄せたチョン・イド脚本家と、「グッバイ ミスターブラック」を共同演出し、短編ドラマ「ハウス、メイト」を通じて繊細な演出力を認められたキム・ソンウク監督がタッグを組むことになった。


チュ・ジフンは今作で、主人公のカン・ゴン役を引き受けた。ソウル中央地検所属の刑事部検事として正義感が強く、優しさのなかで鋼のような心をもつ人物だ。自分の命よりも大切にする甥っ子ダインを助けるために、“アイテム”をめぐる陰謀と秘密の中に飛び込むことになる。


チュ・ジフンは最近、韓国のシリーズ映画のなかでは初めて1千万人の観客を突破し、大ヒットを続けている「神と共に」で主役の一人ヘ・ウォンメク役として活躍。続けて「工作」では、北朝鮮のエリート士官チョン・ムテク役で熱演し、確かな演技力を認められている。また、10月公開予定の映画「暗数殺人」では、殺人犯カン・テオ役のために丸刈りの頭を敢行するほど役作りに没頭し、観客の期待感を高めている。
そんなチュ・ジフンが3年ぶりとなるドラマ復帰作として「アイテム」に出演することになり、早くも視聴者から熱い関心が寄せられている。


2019年の上半期期待作として注目される「アイテム」は、同1月末にMBCチャンネルにて放送される予定だ。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10