左からイ・ジフン、ソン・ジュンホ、チョン・ドンソク、ミン・ウヒョク


イ・ジフン、ソン・ジュンホ、ミン・ウヒョク、チョン・ドンソク、
韓国ミュージカル界のプリンス、圧倒的な歌唱力とユーモア溢れるファンサービスで日本の観客を魅了!


9月22日(土)東京国際フォーラム ホールCにおいて、韓国ミュージカル界のトップに君臨する名優、イ・ジフン、ソン・ジュンホ、ミン・ウヒョク、チョン・ドンソクの4人が繰り広げる『ファンタスティック・ミュージカルコンサート2018』を開催した。
韓国ミュージカル界で重要な作品の主人公として活躍している4人のミュージカルスター、イ・ジフン、ソン・ジュンホ、ミン・ウヒョク、チョン・ドンソクは、秀でた歌唱力と演技力のみでなく、女心を掴むルックスで“ミュージカル界のプリンス”と呼ばれており、これまで多くのミュージカルで共演し熱い友情を築いてきた。今回の東京公演では、圧倒的な歌唱力と洗練されたトークとユーモアさで日本のファンを魅了した。


オープニング曲「明日への階段」(『皇太子ルドルフ』)で登場した4人の卓越したハーモニーにいきなり心を鷲掴みされる観客。「日本でこのような公演を開催するのが初めてです。今日のこの瞬間が素敵な思い出として残ればいいなと思います。」とイ・ジフンが代表で挨拶。イ・ジフンからソン・ジュンホの「時が来た」(『ジキル&ハイド』)の紹介と共に、ソン・ジュンホのソロステージへ。歌い上げたソン・ジュンホは、「このように特別な場所で歌うことにプレッシャーも感じます。みなさん、楽しめましたか?」と観客の反応を確かめるように、次の曲「見果てぬ夢」(『ラ・マンチャの男』)を自ら紹介。
そして、続いて登場したのは、「カテドラルの時代」(『ノートルダム・ド・パリ』)と「君は彼の元へ」(『ファントム』)を披露したチョン・ドンソク。「2曲続けて歌うのは大変でした。日本での公演は久しぶりなので緊張して寝むれませんでした。」と明かした。さらに、「大好きな俳優でもあり、仲良しの先輩であるソン・ジュンホさんとのステージを準備しました。」と、「闇が広がる」(『エリザベート』)を相性抜群のデュエットで観客を魅了。続いて、「奴の心の中へ」(『デスノート』)で、今度はイ・ジフンとミン・ウヒョクが共演。「ジフン先輩と日本で共演できるのが夢のようです。」と先輩との共演に喜びを隠せないミン・ウヒョクがなんとも微笑ましい。
さらに「Loving You Keeps Me Alive」(『ドラキュラ』)、「君の夢の中で」(『フランケンシュタイン』)と、2曲のソロ曲を準備したミン・ウヒョク。そして、「モーツァルト!」(『影を逃がれて』)を披露したイ・ジフンが、「僕はコンサートをたくさんしていますが、4人でステージに立てるのが光栄で、ずっと続くといいなと思っています。」と喜びを語った。「The Soul Of a Man」(『キンキーブーツ』)のアップテンポの曲で会場をさらに盛り上げたイ・ジフン。そして、第1部のラストは、4名全員で「Belle」(『ノートルダム・ド・パリ』)を熱唱。圧倒的な歌声を見せつけた。


左からチョン・ドンソク、ミン・ウヒョク、イ・ジフン、ソン・ジュンホ


続いて第2部は、1部のブラックスーツでキメた衣装とは、対象的なカジュアルな衣装を披露した4人が「Time To Say Good Bye」で観客を感動の渦に巻き込んだ。さらに「魔王」をチョン・ドンソクが、ミン・ウヒョク が中西 保志のカバー曲「最後の雨」を流暢な日本語で披露。
そして、お待ちかねのトークコーナーへ突入。ソン・ジュンホは「僕たちもアイドルのようにキャッチフレーズをつけて挨拶してみましょうよ。」と提案。自ら「ムードメーカー担当のソン・ジュンホです」と笑いを誘う。「僕はパワー担当のミン・ウヒョクです」、「チームの平均年齢を下げる一番の年下、チョン・ドンソクです」、「お金担当のイ・ジフンです(笑)」とおのおのが個性的に挨拶。MC担当に任命されたソン・ジュンホが、改めて「今、韓国ではチュソク(お盆の連休)です。日本でも連休中と聞きました。そんな中、多くの方に来場頂き本当にありがとうございます」と感謝を伝えた。



さらに「オッパの過去を当てろ」と題した、感謝を込めてファンと一緒に楽しめるコーナーを準備した4人。1つ目は、イ・ジフンのデビュー当時の初々しい写真がモニターに登場。高校2年生で元祖美男子としてデビューしたイ・ジフンは、容姿の中で特に唇が厚いため「くちびる王子」と称されていたという。その答えを当てた観客の元にステージを下りてハグとお花のプレゼントをすると、場内はヒートアップ。続いて声楽を専攻していたソン・ジュンホは高校生の頃からイケメンで有名な貴公子だったそうだが、本物のかっこいい男になったきっかけは、海兵隊で鍛えられたからだそう。「ハグもしなさい」とミン・ウヒョクに促され照れながらハグする一幕も。そして、鍛え上げえられたセクシー写真が披露されたミン・ウヒョクは、その写真が証明したように野球選手だったことが明かされ、セクシーダンスを観客の中で披露し、歓喜の声が!さらには、“ソン・ジュンホの愛する妻は誰か?”というクイズが出ると、チェ・ジウ、キム・テヒ、SHIHO、キム・ソヒョンの名前が挙がり大盛り上がり!ファンには周知であるミュージカル女優であるキム・ソヒョンを「生まれ変わっても妻にしたい」とノロケて見せた。

そして、ミン・ウヒョクが「ジフン先輩のこの曲が大好きです。」と紹介、自身の代表曲「人形」を熱唱するイ・ジフン。「SHE」を披露したソン・ジュンホに続き、別れを惜しむように最後の挨拶に突入。「仲良しの4人で共演できて良かったです。僕たちのチーム名を公式HPに投稿してください。」(イ・ジフン)、「みなさんがいる日本で公演できて光栄でした。再び会いたいですね。」(ソン・ジュンホ)、「スタッフたちがカッコイイステージを作ってくれました。感謝しています。時間を空けず、また日本に来たいです。」(ミン・ウヒョク)、「本当にありがとうございます」(チョン・ドンソク)と、感慨深い気持ちを語った。


最後は、「You Raise Me Up」を4人で熱唱。拍手が鳴り止まない中、再び登場し、アンコール曲「赤い夕焼け」では、4人がステージから降り、観客のみなさんに直接感謝するというサプライズプレゼントも!彼らの最高の舞台とファンが一体となった熱いステージは、次回の公演を切望せざるを得ない素晴らしいものとなった。


【公演終了後のコメント到着】


イ・ジフン
日本最高の劇場で、韓国でも一生懸命活動中の僕たち4人の俳優が集まって公演することができて光栄でしたし、とても幸せでした。初公演でしたのでまだ足りない部分とかもあったと思いますが、今回、この一回で終わらず、もっといいクオリティと感動をお届けしたいので、これからも僕たち4人の公演が続けられるよう応援と愛をお願い致します。


ソン・ジュンホ
すごく久しぶりの日本公演でした。その分期待も大きかったし、もっと良い公演にしたい、かっこいい姿で皆さんに会いたいという希望で溢れていました。本当に仲の良い仲間と一緒に舞台に上がることができて嬉しいですし、久しぶりに日本でコンサートができて感動しました。今、この瞬間がとても幸せです。始まったばかりの僕たちの旅が、これからも長く続けられますように頑張りたいと思います。


ミン・ウヒョク
日本で公演をするたびに僕がファンの皆さんに感動を与えようとしていましたが、いつも逆に感動をいただいてるような気がします。ファンのみなさんに感謝してます。僕たちの言葉を一つ一つ大事に思い、集中して聴いてくださる姿はいつでもどこでも感動でしかないです。ありがとうございます。近いうちにまた、僕たち4人の俳優とみなさんにお会いできることを願っています。


チョン・ドンソク
日本で久しぶりにコンサートをしに来て、昨日の夜、緊張して、わくわくしちゃって1時間しか寝られませんでした。いつも日本にいらっしゃる皆さんが公演に来てくださいとおっしゃってましたのですが、なかなか機会に巡り合えず、とても残念だと思ってました。やっとこうやって今回大好きな俳優であり、愛するお兄さんたちとコンサートができて、言葉にできないくらい嬉しいし、ありがたいです。このコンサートがこれからもずっと続けられたらいいなと思います。ありがとうございました。



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10