写真提供:MBC「私の後ろにテリウス」


国家要員に扮するソ・ジソブが、任務のためにベビーシッターに変身して育児の世界へ飛び込む。


韓国の地上波MBCの新水木ドラマとして放送を控えている「私の後ろにテリウス」(脚本:オ・ジヨン、演出:パク・サンフン、制作:MBC、夢作所)は、国家要員と隣の部屋に住む女性がスパイ戦争に巻き込まれていくストーリー。


今作でソ・ジソブは、国家情報院(NIS)で伝説と呼ばれたブラックレーベル(最上級)要員キム・ボン役を引き受けた。
予告編では韓国ドラマ史上初めてポーランドでのロケを行い、圧倒的なカリスマ性を披露したソ・ジソブだったが、今回制作側が公開したスチールでは、キム・ボンがとある家庭内で子どもたちの面倒を要員らしく(?)みている姿が描かれ、期待感を募らせる。


「私の後ろにテリウス」のメインキャスト:左からイム・セミ、ソン・ホジュン、ソ・ジソブ、チョン・インソン



ソ・ジソブの2年ぶりとなるドラマ復帰作として注目を集めている「私の後ろにテリウス」は、9月27日(木)、韓国のMBCチャンネルにて夜10時スタート(第1~4話連続放送)。



THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10