※この記事にはドラマの内容(ネタバレ)が含まれています

写真:pan ENTERTAINMENT


女優パク・シネがSBS月火ドラマ「愛の温度」(脚本:ハ・ミョンヒ、演出:ナム・ゴン)に特別出演する。


ドラマの制作側は24日、パク・シネが同日夜に放送される第21話に、韓流スター女優のユ・ヘジョン役で登場し、女主人公の新人作家イ・ヒョンス(ソ・ヒョンジン)の台本を読んで、制作会社の代表であるパク・ジョンウ(キム・ジェウク)を通じてヒョンスを応援する。
今回パク・シネの出演は、前作「ドクターズ〜恋する気持ち」で息を合わせたハ・ミョンヒ脚本家との縁で実現された。「愛の温度」では同じ名前の韓流スター、ユ・ヘジョンとして出演することになった。


前日の放送では、デビュー作「反則刑事」から降板したヒョンスが、ジョンウの提案で新しいドラマ「優しいスープは電話に出ない」を書き始めた。そしてジョンウはヒョンスに「ドラマの台本を読んだユ・ヘジョンさんが君に会いたがっている」と話し、パク・シネの登場を予告した。
制作側は「パク・シネさんは忙しい中でも快く出演に応じてくれた。現場でも2人の共演者と楽しく撮影していて、『愛の温度』を応援するメッセージも忘れなかった」と撮影場の雰囲気を伝えつつ「台本に気に入っている女優ユ・ヘジョンが、ヒョンスに会ってどんな会話をするのか楽しみにしていただきたい」と期待を高めた。



※ソ・ヒョンジン×ヤン・セジョン×キム・ジェウク主演「愛の温度」は、 KNTVにて12月21日(木)第1話先行放送。 2018年1月より本放送。
詳細はこちらへ

http://www.thefactjp.com/article/read.php?sa_idx=25075


THE FACT JAPAN




  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10